読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のある生活

素敵な眼鏡ライフを送るためのブログです。

流行を気にしない眼鏡選び

 

ファッションについて書くことが続きましたので、このままファッションについて書いていきます。できる限りブランドに絡めて書いていきたいと思います。
今回は、少し軽いネタを書こうかと思います。
ただあまり語られることがないことについて。

 

ファッション的に失敗しない眼鏡選び

 流行っている眼鏡は簡単に見つかる

「今流行っている眼鏡は○○」「注目の眼鏡ブランドは○○」「今買うべき眼鏡は・・」と言った特集は定期的に雑誌等で組まれます。実際、気になる方が多い事柄なのだと思います。もし知りたい方がいれば、好きな雑誌等で確認をしてみてください。仮に眼鏡特集が組まれていなくても、流行りの眼鏡は確認できます。スナップ・スタイリング等で眼鏡・サングラスが使われているかと思います。そこで使われている眼鏡・サングラスは旬なモノが使われているからです。

 

流行眼鏡を知る術は簡単に見つかりますので、今回ここで改めて書いてもしょうがないかと思います。(今後書くことはあるかもしれませんが)

 

失敗しない眼鏡選び

そのため今回、
「こんな眼鏡を買っておけば、失敗しない」と言った観点から書いていこうかと思います。

眼鏡を探しで悩んでいる方の悩みで
「せっかく良い眼鏡を買うのであれば、失敗はしたくない」
と考えている方は多いです。

では「失敗したと思う眼鏡選び」とは、どんなケースか
何点か考えられと思います。
似合っていない眼鏡を選ぶというのは言うまでもなく、それ以外にも失敗した眼鏡選びはあります。

① ファッション的に遅れている・ださい眼鏡
② 流行の眼鏡を選んだせいで、流行が終わった時掛けることが恥ずかしい眼鏡

自分が気に入れば良いと思う方も多いかもしれませんが、ファッション(流行)を恐れている方は思いのほか多いです。寧ろ自分さえ良ければ良いと思う方より圧倒的に多いと思います。そんな思考の方が多いため、流行が生まれるのです。

そんな方のために、時代遅れと感じさせない・失敗しない眼鏡選びについても書きたいと思います。
時代遅れ、ファッション的にかけていると恥ずかしい眼鏡は、雑誌には載っていません。(そもそもそんな特集をしてしまうと眼鏡店・ブランドからクレームが来てしまいます)

 

眼鏡流行の変遷


10年ぐらい前から今、今後とどんなものが流行ったのかを整理します。そこを整理すると見えてくるものがあります。

眼鏡は他の身の廻り品に比べて圧倒的にファッションアイテムとして遅れています。
他のファッションアイテムは、定番が何年も前からもあったと思います。
ただ21世紀の自分から考えると定番と思っているかもしれませんが、それが爆発的に流行したとき、それが定番になると思わなかったはずです。

よくファッションは繰り返されると言いますが、眼鏡はやっと一周したところです。そして眼鏡の定番が何なのかわかってきました。

 

流行を気にしない方が良い理由 

今クラシック眼鏡がブームは長い間続いていると言われています。
ただこれは本当にブームなのか?
私はブームを超え定番になったと思います。


「クラシックの眼鏡が流行っていますが、そろそろ終わりそうですか?」と聞いて来るかたは、流行が終わった時その眼鏡を掛けていることが恥ずかしくなるのを恐れているのでしょう。その気持ちはわかります。特に今のファッションは、ベーシックで良いものを長く使いたい方が大変多いです。
ただ眼鏡の場合、気にしない方が良いかと思います。

 

理由は、
① 眼鏡の流行の移り変わりは緩やか
② 人気ブランドの代表的モデルはすたれない
③ クラッシクな眼鏡=定番である。
④ 他の人(一般の人)はわからない。


① 眼鏡のファッションは緩やかな変化です。

そのため今年流行ったモノが、次の年に時代遅れということはありません。また多くのブランドは、売り切れ(廃版)でない限り次の年も手に入ります。実際眼鏡店には、3、4年ぐらい前のモデルも普通に陳列されています。それに気が付く方は中々いません。
(アパレルブランドの服の殆どは、翌シーズン手に入らないと思います。)。

 

② 人気ブランドは流行に左右されない傑作がある(④の項目も含む)

15年ぐらい前、細い眼鏡が本当に流行りました。
天地幅25mm前後の細長い眼鏡です。その当時は、細い方がシャープで若々しいと言われていた気がします。

そして今、細い眼鏡を雑誌等で見かけなくなりました。
ただ雑誌等で見かけなくなりましたが、販売は普通にされています。そして掛けている方も多くいます。
10~15年前から人気が継続しているブランドは、今でも販売していることが多いように思います。
例えば、このブログでも何度か名前が出ていますが、
LINDBERG、IC!BERLIN、OLIVER PEOPLES、999.9、STARCK、ALAIN MIKLI、OAKLEY・・などはその当時天地幅が狭い眼鏡を多く出していました。
流行の変化によりクラッシクな形の眼鏡を多く出していますが、今でも天地幅の狭いものを出しています。

こんな眼鏡です➡

f:id:kotonomegane:20170313230651j:plainf:id:kotonomegane:20170313230441j:plainf:id:kotonomegane:20170313230300j:plain

 

確かに今の眼鏡と比べてしまうと古さを少なからず感じてしまいますが、依然と洗練された雰囲気を出してくれます。流行っていないのに現在も販売されているのは、完成された形であるからです。
淘汰されずに時代を生き抜いたという事実は凄いと思います。

 

また同時期、日本ブランドを中心にクラッシクな職人系眼鏡が流行りました。金子眼鏡がうまい打ち出し方をした結果、一気にファッション好きの若者を中心に流行っていったと思います。(当時のクラッシク系眼鏡は比較的天地幅が浅めのものが多かったです。)

そしてこのクラッシク系の眼鏡が一気に流行り、海外の老舗ブランドの復刻(もしくはヴィンテージに影響を受けたブランド)が全盛期を迎えます。それは今も続いています。
この10年クラシック眼鏡は流行っていますが、クラッシク眼鏡も少しずつ変化しています。
天地幅が浅いクラッシク眼鏡➡太くて大きい黒縁➡丸みが出てくる➡さらに丸くなりかつ細くなる➡金属パーツをどこかに使用する➡丸くて天地があるメタルフレーム。と言った順に変化してきています。

色々と変化しましたが、どのクラッシク眼鏡も今でも残っているモデルがあります。

例えば➡

f:id:kotonomegane:20170313230535j:plain

このモデルは5年以上に発売されたと思いますが、今でも通用するものがあります。どのジャンルにも同じように定番は存在しています。

 

ただ残る眼鏡があるように、もちろん消えた眼鏡も多くあります。

 

細い眼鏡・クラッシク眼鏡で消えたもの。

やりすぎたデザインは長続きしないように思います。流行りだすとブランドは差別化を図るため市場にない眼鏡を探します。結果デザインが疎かな眼鏡、埋没しないようなウケを重視した眼鏡が市場に出てきます。

どんな眼鏡が消えたかというと、
「細すぎる眼鏡」「細いうえにレンズがカーブしている眼鏡」「鮮やかなカラーの細い眼鏡」は現在見かけることが本当に少ないです。色々な要素が入っている眼鏡は消えて行きます。

またクラッシク眼鏡で「大きすぎて太すぎたモノ」は消えました。ただこのクラッシク風眼鏡は最初から消える感じはありましたが・・

 

今流行のクラッシク眼鏡の中で消える可能性がある眼鏡

① かなり大きい眼鏡
② メタルとプラスチックのコンビネーション(メタルは艶ありのゴールド)
③ クラシック色が強いフレーム(縦長すぎるもの)

今あげた要素が一つだけなのであれば、今後も使い続けることが出来るでしょう。ただこの要素が複数(すべて)入っている眼鏡は今後急速に消えて行き可能性が高いように感じます。

例えばこんな眼鏡です。

f:id:kotonomegane:20170313231254j:plain

結構有名なモデルです。

復刻モデルです。ただ近い将来また消えそうな気がします。

このジャンル全てダメな訳ではありません。似たモデルでももう少し小さいモデルは今後も大丈夫だと思います。

 

流行遅れを気にしているかたであれば、OLIVER PEOPLESの眼鏡を選んで頂ければ火傷はしないかと思います。(復刻モデル・コラボモデルは注意が必要です。実際、上の黒×金の眼鏡はこのブランドの復刻です)
この眼鏡は王道の眼鏡をシンプルに作るのが大変うまいブランドです。冒険したくない方には本当にお勧めです。

 

眼鏡選びで流行を恐れるな!

ただ眼鏡はそこまで流行を気にしない方が良いかもしれません。
なぜなら眼鏡の寿命は、5年ぐらいだからです。(毎日同じ眼鏡を使用する場合)
そして前述の通り、眼鏡の流行は劇的に変化しません。そのため5年程度であれば、「流行遅れの眼鏡をしている」と思われることは稀です。
であれば、自分自身が流行っている眼鏡を気に入ったのであれば、臆せずトライして下さい。流行りが終わるかもしれないと思い無難な眼鏡を選び5年掛けるより、良いと思ったものを五年かけた方が有意義だと思います。


時々良い眼鏡を買うのだから10年以上使いたいと思っている方がいますが、毎日使って10年は結構運が良いかたかと思います。(仮に使えたとしても状態はボロボロなのでやめておいた方が良いかと思います。)
眼鏡を10年使い続けられると思い込んでいる方、一度冷静になって見てください。
靴、洋服等全てに言えますが、1つのものを使い続けて10年ちゃんと持つものがあるでしょうか?あるのなら教えて頂きたいです。
普通の大人なら靴は何足か履き替えているかと思います。ちゃんとしている方なら2、3足をローテーションし、休み用にも靴を用意しているはずです。ファッション好きな方なら一週間で一回しか履かないのではないかと思います。それを考えると眼鏡はむしろリーズナブルです。
そもそも眼鏡を一本で済まそうとするのもやめた方が良いかと思います。
どんな眼鏡も壊れます。レンズに傷が付くことも考えられます。壊れてから焦って買うのは、大人としてスマートでないように感じます。是非複数所持をして頂きたいと思います。

 

ではまた後日。