読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のある生活

素敵な眼鏡ライフを送るためのブログです。

ファッションと眼鏡(それ以外の国産お勧めブランド②)

国産のお勧めブランドをもう少し挙げるつもりでしたが、中々思い付きません。EYEVAN7285、YELLOWS PLUS、ARUMAMIKA、PROPO DESIGNの4つで止まっています・・・。

お勧め国産ブランド(次点)

眼鏡・ファッションに詳しい方の中には、「○○や○○を忘れてない?」と思った方もいらっしゃるかもしれません。ただ私は現役で眼鏡業界に従事している人間なので、それらのブランドを恐らく忘れていません。知名度ならこれらのブランドに匹敵していても(もしくはもっと有名)、お勧めは大変し辛いです。

少し考えます・・・思い出します。

 

そして思い出したブランドを上げていきます。度忘れしていたり、私があまり詳しくなかったり、若干お勧めするか迷ったりしたブランドは簡単に紹介していきます。

 

度忘れブランド 白山眼鏡

どんなブランドか➡白山眼鏡店 - HAKUSAN MEGANE|HOME

上野発の老舗眼鏡店です。
昔はセレクトをやっていたようですが、今は眼鏡ブランドとして確固たる地位を築いています。卸はやらずに直営のみでの販売になります。白山眼鏡の凄さは、安易なショップオリジナルが多い中、自分たちのデザイン・スタイルを持っていることに尽きると思います。そのためファッション関係者(特にモノを知っている本物な方々)に支持されているイメージを私は持っています。ファッション関係者・雑誌関係者に支持されている○○といったブランドはありますが、その関係者の質はピンキリです。あまり言葉通りに信じない方が良いかと思います。

そんな中、白山眼鏡を支持している方は、本物な方が多いように感じます。それこそ卸をやらない上に、広告もあまり載せないブランドのため、ビジネス関係の義理で購入するケースは比較的少ないはずです。また自店に直接的メリットがないにもかかわらず雑誌で紹介する方もいます。自腹でも購入したいと思わせるブランドって、純粋にクオリティが高いと言って良いのではないでしょうか。

白山眼鏡のデザインは、YELLOWS PLUSと同じようにオリジナリティあるデザインです。白山眼鏡らしいモデルは、普遍的な美しさを持ったものになっています。

余談ですが、ジョン・レノンが掛けていたブランドとしても有名なブランです。

こう考えると忘れてしまっていたのが失礼でした。

 

 

お勧めするか迷ったもの

①NATIVE SONS

Native sonsって➡NATIVE SONS

「男らしい眼鏡」って感じです。

「ラギット」「革ジャン」「ロック」「バイク」「アメリカ」と言った骨太なものを連想させるブランドです。最近少ないテイストの眼鏡なので貴重かと思います。オリジナリティある形・力強さは面白いかなと。このブランドに関わっている人間が、日本在住のアメリカ人による国産ブランドというちょっと変わったブランドです。このアメリカ人は質への拘りは強く、それこそ日本人以上に質への拘りが強くクオリティが大変高いです。

今回この項目での紹介になったのは、私の好みでないというのは完全に主観的な理由です。このブランドに似合う方、好きな方にはたまらないブランドかと思いますし、是非掛けて頂きたいブランドです。

(ということは、お勧めブランドと言って良いのかも)

 

②光輝、GMS

光輝、GMSって➡

COLLECTION | 増永眼鏡株式会社(福井県福井市 眼鏡フレーム製造・販売)

日本を代表する増永眼鏡が作るブランドです。

個人的に凄く格好良い眼鏡だとお世辞抜きに思っています

ただ増永眼鏡は、老舗のため過去の莫大なアーカイブを所持しているはずなのですが、いまいち生かし切れていないブランドかと思います。もっともっと凄いものを作れると思っています。デザイナー、広告など大きなテコ入れがあれば一気に注目されるブランドであり、素晴らしい眼鏡を作れるポテンシャルを持つブランドだと期待しています。

高い期待が、この項目での紹介になりました。

 

凄いと思うが好きでないブランド

JAPONISM

JAPONISMって➡About JAPONISM - BOSTON CLUB

凄いブランドだと思いますが、好きになれないブランドの筆頭のようなブランド。
JAPONISMは、いくつかのシリーズに細分化されています。

その中のJAPONISMらしいものは、独自性が大変強いです。

らしいもの➡JN-592 - BOSTON CLUB立体的なモノが多いです。

眼鏡店の販売員も「JAPONISMが好きそうなお客様だな」と言うと、皆が同じイメージを共有できるほど強いイメージがあります。そしてこのブランドが好きな方も似た雰囲気を持っているので、JAPONISMが好きそうな人と言えばだいたいどんな人か分かるのです。ただ洋服が好きな方・センスがあると言われる方に、このブランドを掛けている方は殆ど見かけません。靴で言うとやたらとつま先がとんがった革靴のイメージです。(ARUMAMIKA、PROPO DESIGNと違い完全に男性的な眼鏡です)

ただ靴と違うのは、安いブランドではなく、むしろ日本の技術の結晶のような高品質ブランドです。

ただ最近は、クラシックなシリーズを出したり、別ブランドになりますがBOSTON CLUBと言ったクラシカルな眼鏡を出したりと以前のイメージとは違うものになっています。(BOSTON CLUBは、JAPONISMを作る会社名でもあります)
完全に主観になりますが、色々やるブランドは好きになれません。ポリシー、コンセプトが定まっていないと感じます。元々のJAPONISMらしい形は好きではないですが、その形を追求してくれた方が、好感は持てました。
ただ最近のクラシカルなモデルも、しっかりJAPONISMフィルターを通しているので、独自性を出せているとは思います。ただそのJAPONISMフィルターが、あまり好きになれません。(主観です)