読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

眼鏡のある生活

素敵な眼鏡ライフを送るためのブログです。

「眼鏡のこと」についてのブログを始めます。

「良い眼鏡を教えて」

 

眼鏡を探している方は、この答えが知りたいのではないでしょうか。

凄くアバウトな質問ですが、私は良く質問をされます。

 

私も無知な分野のことを詳しい方に質問するとき、凄くアバウトな聞き方をしてしまいます。例えば、「いいパソコンは?」「よい家電は?」「よいレストランは?」…詳しくないと的確な質問すら出来ません。

 こんな質問をされると「えっ」といったリアクションをしてしまうのではないでしょうか?詳しい人は「あなたはどんな時に使うの?」「あなたはどのレベルまで必要なの?」って思っているはずです。

皆さんもアバウトな質問する側、質問される側になったことはあるかと思います。

 

聞いてきた方が友人等で、趣味趣向・職業などが知ってていれば的確なアドバイスができる自信はあります。ただ何も知らない状態で唐突に聞かれると物凄く困ります。

良い眼鏡って多分日本市場だけでも150ブランド以上あると思います。

結局、『あなたにとって』良いもの見つけるのが凄く難しいのです。

 

雑誌等で最近は眼鏡指南の特集を組まれることがよくありますが、あれを見ただけで良い眼鏡を見つけられる人は殆どいないでしょう。それで見つけられようなセンスの高い方であれば、その特集を見る必要はなかったかと思います。そもそもそんな方は、特集を参考にしていないかと思います。

 

そもそも雑誌を盲目に信じることは大変危険です

雑誌=第三者によるものではありません。

多くの雑誌が広告主がいて初めて成り立つものが殆どです。

(中には部数<広告料で成り立っているのが見え見えな雑誌もあるくらいです)

つまり広告主=「眼鏡ブランド」「販売店」の意向にあった記事が掲載されるのです。

   今人気朝ドラ「とと姉ちゃん」に通じるところかもしれません。 

   広告を載せると自由な記事が書けないのです

その雑誌の内容を信じて眼鏡選びをするのは、大変危険なのです。

しかし雑誌の内容を第一に考えている方が、未だに多いのも事実です。

 

情報過多・商品量飽和状態の眼鏡業界において眼鏡難民が多く存在しているという現実があります。

そんな眼鏡難民の方に良い眼鏡を見つけられる手伝いができればと思い、今回ブログを始めることにしました。

 

最後にこのブログの管理人kotonoのプロフィールを少し。

キャリア15年程度の現役眼鏡販売員です。

都内を中心に老舗メガネ店、有名セレクトショップ等でキャリアを積んできました。

匿名でやってますので雑誌、眼鏡店では中々言えないようなことも伝えていきます。

 

次回からは少しずつ具体的な内容にしていきたいかと思います。